体内に吸収しやすい低分子コラーゲンを摂取して肌潤う

冷えは万病のもと

女性

生活習慣を見直し

冷え性は万病のもとと言われています。冷え性により、肩こり、腰痛、生理痛などを起こします。さらに女性の場合、不妊の原因になることもあるので、十分注意が必要です。冷え性の原因は、食生活の偏り、運動不足、喫煙、などです。特に、近年は食が欧米化し、外食が増えたことでたんぱく質は過剰に摂取していますが、ミネラルやビタミンは不足しています。体内で食べ物を熱などのエネルギーに変えるためには、ミネラルが必要です。ミネラルが不足することで熱が十分に作り出せず、体温が上がらなくなります。また、冷たいもの、甘いものは体を冷やします。そして今では一年中入手できる夏野菜も、体を冷やすのです。そのため、できるだけ旬の食材をバランス良く摂取することが必要です。一般的に暖かい地域で採れるものは体を冷やし、寒い地域で採れるものは体を温める傾向があります。また、同じ食品ばかり食べるダイエットなど、間違った方法のダイエットは栄養のバランスを崩し、冷え性の原因になります。その他、締め付けすぎる下着は血行不良を起こし、こちらも冷え性の原因になるのです。ですから、下着は購入の都度採寸して、体にフィットするものを選ぶといいです。過度な薄着も避けるようにしましょう。また、運動不足は筋肉が刺激されず、熱が生み出されません。冷えるからと言って運動しないと冷え性がひどくなる悪循環になります。そして、喫煙も血管を収縮させてしまい、血行不良の原因になります。改善するには、栄養バランスを整え、運動習慣をつけ、1日の疲れはバスタブにつかるといいでしょう。冷え性は万病のもとですので、冷え性を解消すれば、様々な不調も解決できます。